ブーツとバインディングのサイズの選び方。MとLどっちが良い?

バインディングメーカー一覧

店頭で自前のブーツを持っていってからバインディングとの相性を実際に確認することが一番いいと思いますが、安くて便利な通販を利用している人も多いかと思います。

メーカーによってバインディングのサイズはまちまちで、管理人が購入したSALOMONのDefenderとSP UNITEDのCOREでも全然違います。

メーカーSP UNITEDSALOMON
Mサイズ25.0-27.0cm25.0~27.5cm
Lサイズ27.0-29.0cm28.0~30.0cm

管理人は、SPはLサイズ、SALOMONはMサイズを購入しました。

SP UNITEDに関して言えば、SとXLも展開されていますが、SALOMONにはXLサイズはありません。また、ブーツの外径によっても変わってくるので、サイズがあっていればOKというわけでも無いようなので困りものですね。
通販で購入するときには、ショップに問い合わせて、ブーツのメーカーとサイズを確認することが大切です。

日本スノーボード産業振興会(SBJ)がマッチングテストをしてくれている

日本スノーボード産業振興会というスノーボードの関連会社が100社以上集まっている団体が、バインディングとブーツのマッチングテストを行ってくれています。

主要なメーカーのバインディングを調べてくれているので、迷っている人はこの表を見れば一目瞭然です。

SBJのHPでは、Excelでしか見ることが出来なくなっているので、Excelをキャプチャしました。

画像クリックで拡大します

PCで見ている方は出典元からエクセルファイルをダウンロードできます。

SALOMONのDefenderは27.5だとLサイズ推奨

SALOMONのDefenderを購入した管理人ですが、SBJが推奨しているバインディングのサイズはLサイズでした。
購入したバインディングはMサイズ。問題なく入っているのですが、センタリングの調整もギリギリだったので、もしかするとLサイズのほうが良かったのかもしれませんね。

ちなみに、SP UNITEDのCOREはLサイズを購入しています。SBJの調べによるとBROTHRHOODになりますが、Mサイズが推奨となっています。
もちろん、問題なく入っているので特に支障はないんですけどね(笑)。

まとめ

27.5cm前後のブーツはメーカーによって微妙なラインのバインディングが多くなっていますね。
ブーツのメーカーによっても外径などの微妙な差があるので、同じサイズでも微妙なところです。

色んな口コミを見てみると、メーカーが推奨しているサイズから1cmくらいは余裕があるとのことなので、そこまで心配はしなくても良いのかなとは思います。

一番確かなのは、ショップであなたのブーツをはいた状態で付けてみるということ。
通販の場合には、微妙なサイズの場合は、問い合わせてみて下さい。ブーツのメーカーと購入予定のバインディングを伝えれば答えてくれますから。答えてくれないようなショップでは購入しないほうが良いですね!

また、同じメーカーでもバインディングによってサイズが変わることがあるので、メーカーで聞くのではなく、バインディングの種類で聞くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です