BURTON Step Onを改造した人のが便利そうだった!

少しずつですが、BURTONのStep Onの動画も増えてきていますね。

まだまだ、販売数が少ないので動画をアップする人も少ない状況ですし、ライダーみたいな人たちの動画が多いです。

そんな中でStep Onを改造している人の動画がアップされていましたので紹介します。

 

この方がやった改造は、ヒールクリート遊びをなくすことと解除ロックを延長することです。

そもそもStep Onにはストラップが付いていませんが、ストラップ付きのバインディングと同じようにストラップの伸縮性を再現するための遊びが作られています。
この遊びは反応の悪さとも言えるのですが、ルーズな感覚や柔らかめのバインディングを使用している人には必要な遊びなのです。

上記の動画の方は、このヒールクリート遊びが気に入らなかったようなので、フットベッドの下に中敷き?を敷いて遊びが0になるように調整しているようです。

これで遊びが0になるかと言うと、ブーツの遊びやFLEXもありますので、ハードブーツのようなガチガチ感は無いでしょう。

もう一つが、着脱レバーの延長ですね。
着脱レバーに紐のようなものを付けて、ハイバックの上の方で引っ張れるように持ち手を付けています。

 

これだところんだ時やリフトに乗っている時などに何かに引っかかって、外れてしまう可能性も無くはないですが、かなり面白い発想ではありますね。

持ちて部分をもう少しコンパクトにすれば安心感も増しそうです。

18-19年モデルも販売店が決まっていて、販売数も少ないようです。
管理人は予約することができたので今年の10月頃にはレビュー記事や動画をアップしたいと思っています。

19-20年モデルからは、大量生産をしてもらいたいものですね!
そして、値段を下げてほしい!
現状だと、PHOTONで10万円強かかるので、通販で購入できるようになればもう少し安くなるのかなぁと思っています。

また、ブーツとバインディングを別々に購入できるようになれば良いですね。

ブーツ1つ、バインディング2つだと、コンディションによって2枚の板を使用している人が楽に板交換できるので、単体販売もして欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です