Step Onのブーツがたくさん紹介されていたので紹介。

BURTON STEP ON 19年

Step Onのブーツには、RulerとPhotonの2種類しか販売されていませんでした。
2018年の11月5日に販売されたときにも、RulerとPhotonだけの販売だったと思います。
今シーズンか来シーズンにBOAではない、Speed Zoneというモデルだ出るという話は聞いていたのですが、今シーズンから販売されていたのかもしれません。

動画で紹介されているので、これからゲリラ的に販売される可能性も十分ありますね。

BURTONのメルマガでは、Step Onの緊急販売的なものも告知してくれるので、Step Onを購入したいという人は、メルマガに登録しておきましょう!
BURTONのメルマガは、定期的に商品紹介やライダーのイベントなどを紹介してくれるので登録しておきましょう。
BURTONライダーの平岡卓さんのイベントなどの告知もされていたので、スノーボードファンにはおすすめですよ!
BURTONのメルマガ登録はこちらからできます。

Step Onのブーツは何種類ある?

ここで本題のStep Onのブーツを紹介します。
全6種類あり、これから販売されていくでしょう。

今までは、レディースモデルも、PhotonとRulerになっていました。
下記の動画を見てもらえればわかりますが、FelixとLimelightというWomen’sモデルが出ています。
「Photon = Felix」「Ruler = Limelight」という感じになっていますね。

FelixとLimelightのほうが、PhotonやRulerよりも柔らかく作られているかと思います。

Ionのブーツは使用している人も多いでしょう。
BOAが苦手な方もとっつきやすいブーツになりました。

Kids’モデルも販売されるようなので、大人だけではなく、全スノーボーダーにStep Onを提供するということになりそうですね。

Ion

Photon

Ruler

Women’s Felix

Women’s Limelight

Kids’ Zipline

ドヤ顔でStep Onのバインを紹介!

来シーズンから大量生産されそう?!

今シーズン(18-19年)モデルは、17-18年モデルよりもたくさん販売されているような気がします。
軽井沢プリンスホテルスキー場のオープンのときにも、Step Onの試乗会が行われていたようですし、元々、11月5日の予約販売だけという話だったのに、10月5日にプレオーダーが行われていました。

少しずつなのかもしれませんが、確実に本数を増やしてきているので、来シーズンからStep Onの販売店も増えてきそうな予感です。

Step Onを持っている人の一つの悩みが、バラ売りしてもらえていないというところでしょう。
管理人的には、バインを2つほしいと思っています。
板を変えたいってときに、バインを付け替えるのが面倒なので、セット販売がネックになっていますね。

管理人がStep Onで2本だけ滑った感想!

12月1日にオープン安比高原スキー場という岩手県のスキー場で2本だけ滑ってきました。

なぜ2本だけかというと、雪が少なくてリフトが1本しか動いていないのに、リフト待ちが30分以上だったから…。
ヒトリストに長蛇のリフト待ちは苦痛なので、早々に切り上げました(笑)

ちょっとだけでしたし、今シーズンの初すべりなので微妙なレビューになりますが…。
率直な感想は、特に違和感なしって感じです。

管理人はブーツはガチガチではなく、少し余裕を持って締めています。
Step Onもいつもどおりに締めてみたところ、いつもどおりのブーツとバインという感じでした。
ちなみに、ブーツはBURTONのCONCORDでバインはBURTONのCARTELです。
ミドルフレックスのブーツとバインという感じです。

Step Onもいつもどおりでセッティングしてみたところ、ミドルフレックスという感じでした。
2本めは、少しきつめに締めてみたところ、ミドルフレックスよりも少し硬く感じました。
Photonの紹介動画を見てもらえればわかりますが、ブーツのフレックスは中~硬いくらいのフレックスなので、きっちり締め付けると反応が良いブーツとバインに変わったという印象です。

Step Onを使ってみるとわかりますが、かなり快適です。
特に、BURTONのブーツを使っている人には違和感を感じないと思いますので、BURTONユーザーにはオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です