BURTONのCARTELとMALAVITAを買って比較してみた。 どっちがいい?

BURTONのバインディングの優秀さは周知の事実ですが、BURTONのバインディングを購入しようと考える人の多くが、「CARTEL・MALAVITA・GENESIS」で悩むのではないでしょうか。
価格的にはCARTELが一番安いですし、ライダーにも一番人気と言われているのがCARTELです。

しかし、パークやグラトリにはMALAVITAと言われているため、パーク勢にはMALAVITAのほうが人気が高いのではないでしょうか。

素人のおっさんが、CARTELとMALAVITAを使ってみた感想を書いてみます。

CARTELとMALAVITAを比較

まず、ざっくりCARTELとMALAVITAの違いについて表にしてみます。
見たことがあるかと思いますが、ざっくり理解してください。

CARTELMALAVITA
ベース硬いミドルフレックス
ハイバック柔らかめ硬め
アンクルストラップ硬め柔らかめ

CARTELは、ベースとアンクルストラップが硬めで、ハイバックは柔らかめに作られています。
逆にMALAVITAは、ベースとアンクルストラップが柔らかめで、ハイバックは硬めに作られています。

管理人が乗り比べてみた結果、ベースの硬さはわかりません。
どちらも反応が良いというくらいで、硬さに関しては気にならなかったです。

CARTELは、ハイバックが柔らかめなので、フォアードリーンを入れないと、ハイバックを押してる感じがちょっと物足りなくなります。
CARTELは、ハイスピードでも対応できるバインディングで、CUSTOM Xなどの硬い板によく使用されているバインなのですが、ハイバックの柔らかさは、通常のバインディングの作り方には反しています。
逆に、アンクルストラップは硬めに作られているので、ガッチリとホールドしてくれるため、トゥ側の反応は良いです。

MALAVITAは、ハイバックが硬めなので、フォアードリーンを入れなくても、しっかりとヒールサイドに反応しやすくなっています。
反応が良いので、パークではどうなんだろうというのが管理人が思った感想です。
パークが好きな人達のバインディングの選び方って、FLUXでいうとXFよりDSのほうが好きな方が多いような気がします。
特にジブ系を好む人は、XFよりもDSやUNIONのFORCE辺りのミドルフレックスが主流でしょう。
ですので、ハイバックが硬めなMALAVITAは扱いにくいのではないかなぁと思いました。

アンクルストラップは柔らかめなのですが、反応がゆっくりかと言うとそういうわけでもなく、しっかりと反応してくれました。
結構カービングで攻めてみたのですが、トゥ側の反応が悪いということは感じませんでした。
CARTELよりも、しっかりとフィットしている感じはあります。

バインディングで硬さは均等だと思ってた。

基本的なバインディングの作りって、ベースが硬ければハイバックやアンクルストラップもしっかりしたものを使っているイメージですが、CARTELとMALAVITAは柔らかめと硬めを上手に使い分けています。

管理人の個人的な感想は、CARTELでもMALAVITAでもどちらでもいいという結論になりました。
というわけで、今度購入するなら5000円くらい安いCARTELを購入するでしょう。

CARTELもMALAVITAも他メーカーにはない乗り味を出しているバインディングなので、試乗は必要なのかなぁと思います。
MALAVITAよりもCARTELのほうが硬いので、カービングするならCARTELと思うかもしれませんが、MALAVITAでも全然攻めれます。
個人的には、MALAVITAのほうがホールド感も高く、ハイバックも硬いのでカービングにはMALAVITAかなぁとも感じました。
ヒール部分にハンモックが入っているのが味噌なのでしょう。

CARTEL、MALAVITA、GENESISの硬さを比較すると、「CARTEL > GENESIS > MALAVITA」の順に硬いと言われていますが、MALAVITAでも十分硬さは感じますので、初心者や初級者向けのバインディングではないかもしれません。
特に初心者の方は、MALAVITAが柔らかいと言われても、硬く感じるかと思いますので、MISSIONなどの柔らかめのバインディングを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です