19-20年モデル NITRO(ナイトロ)のBindingの予約・購入は?

NITROは、1990年にブランド設立しているので、今年で30年目を迎えています。
NITROの板は、誰もが知っているであろう、シンプルでカッコいい板ですよね!
ここで紹介しているバインディングも、シンプルでカッコいいバインディングが揃っています。

ここで紹介しているバインディングの全てが2×4のミニディスクとなっています。
4×4には付けることができませんので注意しましょう。
UNIONだけがミニディスクかと思いきや、ミニディスクを採用しているブランドはチラホラありますね。
BURTONのRE:FLEXのディスクもミニディスクのように板のしなりを感じることができるように開発されているディスクです。
今後、FLUXなどもミニディスクを採用してくる可能性は高いでしょう。

NITROのミニディスクで気になるのがセンタリングですね。
NITROのバインディングをちょくで見たことないのでわかりませんが、写真で見る限りだとヒールカップが前後しそうな気がします。
しかし、UNIONのようにハイバックを止めるだけのネジが無いので、ヒールカップが動くかはわかりません。
センタリングが取れないと、滑れないという人は少なくないでしょうから、購入する際には実際に手にとって店員さんなどから話を聞いたほうが良いでしょう。

また、カントが入っているモデルも多くなっています。
「TEAM PRO」では、3度のカントが入っています。FLOWのカントは2.5度なので、より足が入りやすくなっています。

アンクルストラップは、モチモチ系のストラップになっています。
使用回数が増えると、破れてきたりするので、個人的にはハンモックタイプのアンクルストラップのほうが好きです。

19-20年モデル NITRO(ナイトロ)

このページで紹介しているNITRO(ナイトロ)のBinding一覧はこちらから

TEAM PRO

チームライダから最も信頼の置かれるTEAM。しっかりとしたベースプレートとミニデイスクの相乗効果で安定したライディングとパークでのライディングを幅広くサポートしてくれるモデル。
FLEX重さ
4/5段階中6/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

TEAM

チームライダーも愛用するモデル。程よい硬さのハイバックはスピーディーなライディングから、パークでのジャンプやジブまで全てのシーンで要求されるレスポンスを兼ね備えたモデル。
FLEX重さ
3/5段階中6/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

ZERO

柔らかめなフレックスで、パークやジブトリック・グラトリに適したモデル。スケートライクのような快適さと柔軟性を兼ね備えたモデル。パークライディングはもちろん、グラトリでの遊びやすさも兼ね備え、初心者から中上級者まで幅広くサポートしてくれます。
FLEX重さ
2/5段階中6/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

RAMBLER

コストパフォーマンスに優れた2ピース構造のモデル。ビギナーからグラトリ好きなライダーの為のモデル。ホールド感は残しつつ、足首の動きをしっかりとだすことができる為、低中速での操作性に優れている。
FLEX重さ
2/5段階中4/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

POISON

女性向けのハイエンドモデル。比較的に硬めなモデルは、最高のレスポンスと高速域での滑走をサポートしてくれる。より激しいライディングにでも対応できるモデル。
FLEX重さ
3/5段階中6/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

IVY

女性向けのハイレスポンスモデル。オールマウンテンに使用可能なこのモデルは、高速域に必要なレスポンスを兼ね備え、フリーライディングから、パーク、ジブトリックまでオールラウンドに使用可能なレディースビンディング。
FLEX重さ
2/5段階中6/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

COSMIC

レディースモデルの扱いやすい柔らかなモデル。グラトリ・ジブトリックなどトリックに向けに柔らかめに設定されていて、脚力の無い女性でも扱いやすく作られている。
FLEX重さ
1/5段階中4/10段階中
2×44×4CHANNEL
×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です