18-19年モデル SP UNITEDの全てを紹介! リアエントリーはあり?なし?

18-19年モデル SP UNITED

当サイトに訪問してくれる方で、SP UNITEDの記事をよくご覧頂いている方が多いようなので、18-19年モデルの紹介をします♪

管理人も元SP UNITEDを使用していました。
COREとsLAB.ONEを使用していたので、簡単な使用感を紹介したいと思います!

SP UNITEDってどんな感じ?

SP UNITEDやFLOWなどのリアエントリーが気になっている人は、装着スピードが早いことや滑りながらバインディングをつけることができるというのが憧れではないでしょうか?
どこかで聞いた話だと、バックカントリーをやっている人もSP UNITEDやFLOWを使っている人が多いということも聞きました。

何より、朝一でセッティングしてしまえば、ラチェットを緩めたり締めたりという作業がないというのもメリットです。
バインディングをガチガチに締めて滑る人でも、「あと一締めかな?」というときが絶対にありますよね?
逆に、「締めすぎたなぁ。」ということもあるかと思います。

細かいところですが、気になる人はリアエントリーのバインディングを試してみても良いかも知れませんね。

バインディングはスケーティングで邪魔? リフト待ちではどう?

正直に言うと、初心者~初級者くらいの時にSP UNITEDを使用していましたが、スケーティングで完全に邪魔にならないということはありませんでした。
使っていればある程度慣れてくるのですが、管理人的にはスケーティングはヒール側でやったほうがやりやすいため、たまにハイバックが引っかかることがありました。
ですので、リフトに乗るときはハイバックを倒して、長い距離をスケーティングするときにはハイバックを立てるということもやっていました。

リフト待ちでのハイバックですが、ヒトリストが多い管理人で左端や隣に人がいない状態でリフトに乗ることが多かったので、邪魔になると感じたことはありません。
リフト乗り場にゲートがあるとハイバックを引っ掛けてしまうことがありました。

スケーティングもリフト待ちも慣れなので、ハイバックを立てたり寝かせたりと、自分で調整するようになるかと思います。
しかし、通常のストラップタイプを使用するとスケーティングが楽なので、管理人はSP UNITEDを辞めました。

今シーズン(18-19年)は、BURTONのSTEP ONを予約することができたので、リアエントリーのようにスムーズに装着できる上、ハイバックを前に倒せるという最強のバインディングをゲットできました。
STEP ONが合わなかったとしても、リアエントリーのバインディングに戻る可能性は低いかなぁと思っています。

SP UNITEDシリーズを紹介!

SP UNITEDには、アルミベースと樹脂ベースの2種類があります。

SP UNITEDといえば、アルミベースの軽いバインディングということで有名です。
特に、『sLAB.ONE』『Brotherhood』の2種類が人気が高いモデルになっています。

また、SP UNITEDのトゥストラップはキャップタイプになっていて、ラチェットではありませんでした。
17-18年モデルから、MULTIENTRY(マルチエントリー)として、トゥキャップがラチェットになっているタイプもあります。
軽く調べたところ、sLAB.ONEとCORE、MOUNTAINにマルチエントリーモデルがありますので、購入の際には注意しましょう。

管理人も17-18年モデルのsLAB.ONEのマルチエントリーを購入して使用しましたが、しっくり来ませんでした(笑)。
マルチエントリーを使った感想としては、センタリングが出しにくくなったように感じました。
マルチエントリーの良いところは、通常のストラップタイプとしても利用することができるという点ですが、リアエントリーのSP UNITEDを選んだ時点でストラップタイプではないものを使用したいのですから、通常のトゥキャップタイプのほうがセッティングも楽で単純です。

マルチエントリーは、合わなくてヤフオクに出品している人も見かけたので、個人的にはあまりオススメできません。

sLAB.ONE 「アルミベース」

sLAB.ONEは、SP UNITEDの中でも定番商品です。

主にカービングやフリーラン重視の人向けと言われているバインディングです。

BROTHERHOOD 「アルミベース」

BROTHERHOODは、キッカー・グラトリ・ジブ系の人に人気が高いモデルです。
sLAB.ONEと一番人気を争っているバインディングでしょう。

ADVENTURE(MOUNTAIN) 「アルミベース」

ADVENTURE(MOUNTAIN)は、バックカントリー系のバインディングになっています。

商品ページを見ても違いはわかりにくいですが、スプリットボードにつけるタイプのバインディングも販売されていますので注意が必要です。

CORE 「アルミベース」

COREは、sLAB.ONEとBROTHERHOODのちょうど中間的なバインディングとして作られているようです。
管理人が初めて購入したのはCOREでした。

COREの紹介動画で、初心者初級者向けのバインディングと紹介されていたので購入しました。

PRIVATE 「樹脂ベース」

PRIVATEは、樹脂ベースのFT270と比べると少しだけ上位版のモデルになっているようです。

FT270と比べると、アンクルストラップが肉厚でハイバックも少しだけ形が特殊になっていますので、フィットしやすいのでしょう。

FT270 「樹脂ベース」

SP UNITEDの中で一番安いモデルです。

商品画像を見ても、アンクルストラップがペラペラでハイバックもスラッとなっています。
ちょっと物足りない感がありますので、どうせならアルミベースのバインディングを購入したいところです。

KIDDO(kids) 「樹脂ベース」<

キッズモデルです。
サイズは、19.0-23.0cmとなっています。

約16,000円とお手頃価格になっているので、購入しやすい価格ではありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です