青森スプリングスキーリゾートの試乗会に行ってきた!

青森スプリングスキーリゾート ゼビオ試乗会
出典:ゼビオ

試乗会ということで、初めて行ってきました。青森スプリングスキーリゾートには、約3時間程度かかるのですが、上記のHPによるとYONEXとALLIAN、SALOMONがあるということなので、乗ってみたいボードをいくつかピックアップして行ってきました。

試乗するには免許証などの身分証を預けるだけで、無料で参加できるのでかなりうれしいですね!
天気は午前中はドピーカンでした!(今年初!)

岩木山 青森スプリングスキーリゾート ゴンドラからの長め

iPhoneの写真だと晴れてる感じがわからないですね。

管理人が乗りたかったYONEXが無い

管理人は、YONEXのNEXTAGEかsmoothに乗ってみたかったのです。HPには、YONEXの名前が出ていたので朝5時頃に家を出ていきました(笑)。

初めての試乗会だったので勝手がわからなかったのですが、とりあえずYONEXはありませんでした。LIBTECHもなかったような気がします。

YONEXのカーボンに乗ってみて、感じがよかったら買おうかなと思っていたのですが、無くて残念。
SALOMONのボードもお目当てのものがありませんでした。

仕方がなく、谷口尊人さんが2016年シーズンまで乗っていたALLIANに3本ほど試乗しました。

本当は、ALLIANはDAMAGEに乗ってみたかったのですが、残念ながらレディースモデルしかありませんでした。

PRISM LTD

早く乗ってみたかったため、うっかり写真を撮るのを忘れていました(笑)。
乗ってみた感想は、とにかく硬いという印象でした。今シーズンモデルを見てみるとミドルフレックスになっているのですが、管理人のレベルでは全然乗りこなせないなという印象を受けましたね。

ボードのレビューもできないくらいの初級者なのですが、印象だったのが、エッジがさくっとかかりやすいってことです。
すぐギュインってなってしまう感じで乗りにくかったですね。慣れればいけるのかな?

ATLANTIS 154

ATLANTIS

ATLANTISは、ダブルキャンバーということで乗ってみたかったので乗りました。
乗った印象は乗りにくい(笑)。

体重移動をうまくやらないとスピードに乗らない作りなのかな?
カービングしたいなら、両足ともきちんと踏まないと、スピードが落ちちゃう感じです。

今までの管理人のカービングの体重移動の下手さを実感したボードでした。

GRIND 155

GRIND

GRINDが一番乗りやすかったですね。
柔らかいボードということが一番の理由なのでしょうが、現在乗っているボードより少し柔らかいボードなのでかなり乗りやすかったです。

まとめ

初めて試乗会に行きましたが、多分、長野とかの大きいスキー場でやっている試乗会とは比べ物にならないくらい小さなものだと思います。
管理人の考えでは、ボード毎にいくつかの長さを用意しているものだと思っていました。
しかし、各ボード1サイズの板しか用意されていませんでしたので、乗りたくても「ちょっと短すぎるな。」という板がたくさんありました。

RIDEの角野友基が乗っている板にも乗ってみたかったのですが、長さが短いものしかなかったため乗れませんでしたね。

正直、管理人はカービング大好きっ子で、おじさんからスノーボードを初めているのでグラトリやキッカーをバリバリやりたいってことではないのです。
ですから、OGASAKA系やBC STREAM辺りが大本命なのですが、YONEXがあるとのことなので行きました。
でも無いというオチ(笑)

それでも、乗ったことがないダブルキャンバーの板に乗れましたし、管理人のレベルの低さを実感しましたね。
乗り心地は違うけど、どこがどうということはわからない初心者ですから(笑)

板は安いものではないので、色んな板に乗るという機会は試乗会に行くかお金持ちの人しか無理でしょう。
また、近場で試乗会があれば行きたいと思います。
その前に、自分の滑りのレベルアップが先ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です