【18-19年モデル】おすすめのパウダーボードをまとめました! カービングやフリーランもできる?

パウダーボードの長さの選び方は?

パウダーボードの長さの選び方のポイントとしては2点あります。

  • 浮力
  • 操作性

ボードが長くてノーズが太ければ浮力は上がりますが操作性が下がってしまいます。
逆に短すぎても浮力がなくなってボードが沈んでしまうということもあります。

基本的には、ノーズが太ければ短い板でもOK。
ノーズが細めだったら長い板でもOKということになります。

しかし、地形遊びやツリーランを中心に遊びたいと考えている場合には、浮力よりも操作性重視になるでしょう。
ツリーランなどが少なく、だだっ広い斜面を滑ることが多い人は、浮力重視で選ぶと良いです。

浮力はノーズの上がり方が重要

パウダーボードといえば、テールが割れてとんがっているスワローテールというボードをイメージする人も多いかと思います。
スワローテールにすることで、緩斜面のパウダーでもスピードが落ちにくいという特徴がありますが、それよりも重要なのがノーズの上がり方です。

パウダーを滑るとノーズが雪に刺さっていきます。
普通のフリースタイルボードなどだと、後傾でノーズを浮かすように滑らなければいけません。
パウダーボードの場合、ノーズが浮いている状態なのでパウダーでも失速せずに楽に滑ることができるように作られています。
ですので、ノーズが反り上がっているくらいのボードだと、それだけ浮力も上がるということになるようですね!

テールの形で滑りに違いが出てくる

テールの形もいろいろあります。
それぞれに特徴がありますので参考にしてみてください。

スワローテール

パウダーボードの定番的な形状になります。
雪がテールから抜けやすくなっているので、緩斜面でも失速しにくい形状です。

パウダーボード初心者にはスワローテールがオススメと言われていますね。

フィッシュテール

スワローテールと似ていますが、テールの内側が曲線になっています。
抜けも良いですが、ワイドテールのように安定感も出る形状です。

ワイドテール

ワイドテールは、その名の通り、ワイドなテールなのでスピードコントロールがしやすいという特徴があります。
急斜面でスピードをコントロールしやすくなりますが、緩斜面では失速しやすいのでソールメンテナンスが重要ですね。

ピンテール

ピンテールは、テールの抵抗を少なくすることで操作性を補っています。
長いボードは操作しづらいので、ピンテールで操作性を上げているということです。

ウィング

ウィングは、テール側のエッジに1段落とされたデザインになっています。
クイックなターンや鋭角なターンをしやすくなる形状です。

パウダーボードでもカービングはできる?

下記の動画を見てもらえればわかりますが、パウダーボードでも十分カービングターンはできます。

それぞれのボードによって滑りやすさや個人の腕の差が出てくるかもしれませんが、パウダーボードはパウダーとフリーラン、カービングに特化しているボードと考えても良いでしょう。

しかし、ガツガツのカービングターンができるかというと無理だと思います。
カービングもできるが、

パウダーボードのセッティングは?

パウダーボードの基本的なセッティングは、両足とも前振り(+)にしている人が多いと思います。
パウダーボードの形状を見ても分かる通り、ディレクショナルですし、基本的にはノーズが浮きやすくするためにセットバックされているものが多いので、スイッチ(フェイキー)で滑ることは難しいでしょう。

普段がダックスタンスで滑っている人も、後ろ足を0℃以上にする人が多いと思います。
あなたがダックスタンスでなければ滑りにくいという場合には、無理して変える必要はありません。
滑りやすいアングルで滑るのが一番です!

カービングがやりやすいスタンスが、どちらも前振りなので、「パウダーボードは両足+!」というスタイルに慣れてしまうのも良いでしょう。
前述したとおり、パウダーボードでもカービングターンはできるので、パウダーボードになれるためにもゲレンデで前振りスタンスを練習するのも、スノーボード技術のレベルアップに繋がりますよ!

管理人が独断で選んだおすすめのパウダーボードはこちら!

管理人が気になったパウダーボードを紹介します!
管理人の独断と偏見が強いおすすめボードなので、他にも色んなボードを見たほうが良いでしょう!

福岡県のスノーボード・サーフィン・SUPの専門ショップのBREAKOUTさんのパウダーボード紹介ページを参考にして、あなたが気になるメーカーやボード形状から選ぶのもいいと思います!

BREAKOUTさんのオススメパウダーボードはこちらをクリック!

BC STREAM RIDERS’ SPEC DR

管理人が大好きなライダーの平間和徳さん(ramaさん)モデルのパウダーボードです。
ramaさんの動画を見てもらえればわかりますが、パウダーボードなのにカービングバリバリです。

ここまで来ると腕だと言わざるを得ないですが、パウダーボードでもカービングにフリーラン、グラトリまでできちゃうボードです。

管理人は、17-18年モデルの160を持っています!

18-19年モデルの162DRは、ramaさん使用でノーズとテールが飛んだっていてピンテールになっています。

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス5/10段階中
ラインナップ150,156,161,162

 

OGASAKA FT Series

OGASAKAの定番パウダーボードではないでしょうか。
スキー場でも一度は見かけたことがある人も多いでしょう。

CA163はキャンバーなので、カービング性能も高いモデルになっています。

 

形状CA163「キャンバー」,SR163/173「パウダーロッカー」
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
ラインナップCA163,SR163,SR173

 

SR173

FT/SR173はオープンバーンで大きな浮力を得ながら高速カービングを楽しむためにラインナップした。
サイズが長く取り回しにくいため、脚力のある人に勧めたい。
急斜面のオープンバーンで最高の威力を発揮する。
先に滑った人のトラックラインもボードの硬さで踏み越えていけるから安心だ。
パウダーの中でカービングスタイルを楽しむには最高かもしれない。

CA163

FTシリーズでは唯一のキャンバー形状。ノーズロッカー形状のパウダーに比べると浮力は少ない。
キャンバーの反発力の威力で滑走性に特に優れ、パウダーの中でも圧雪ゲレンデでもカービング性能がパウダーボードとは思えないほど高い。
しかし一番の人気ポイントは滑走性だろう。パウダーの中での滑走性はもしもの時の安全性にも繋がるはずだ。根強い人気におされて先シーズンにも使用者が多いボードとなった。
エキスパートユーザーにオススメしたい。

SR163

程よい幅でパウダーからゲレンデまでオールラウンドに楽しめる性能に仕上がっているためか、発売以来一度もデザインと性能を変えていないが、毎年度人気商品をなっている。
ボードの幅は特に太すぎずパウダーボードの中で程よい浮力を得られ、横方向へも滑らかに動かしやすい。
オープンバーンからツリーランそして圧雪バーンでも自在に乗り込んでいける楽しい性能に仕上がっている。
パウダーボードの1本目に揃えるには最適ではないだろうか。

MOSS SNOWSTICK U4 HALF OverHead

パウダーボードでもに有名なMOSSです。
パウダーボードの中では短めに作られているU4 HALF OverHeadですが、ノーズのワイドさとワイドテールで浮力は充分あるでしょう。
また、短いので操作性も軽くなっているでしょうから、ツリーランにも良いモデルになっているでしょう。

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス7/10段階中
ラインナップ154

 

短めのテールが特徴のUシリーズ。そのコンセプトは1982当時のV-1シリーズにさかのぼる。スムーズなアップスンダウンと壁を立てに切れ上がるボトムターンを可能にしたこのデザインはまさにスノーサーフィン。パウダーでは、はじめからテールが沈み込むように設計され、雪面に対して板がフラットになるように前足を踏むことによってスピードが加速します。テールが短いことによるスピードコントロール性はツリーランや小さめの沢地形でも威力を発揮します。
U4 HALF はU4とU5の中間モデル。国産工場で製造されるハイクオリティーなU4で、アウトラインは同じでトップシートのグラス違いのハードフレックス。 スノーボードとSNOWSTICKの中間的な乗り味で安定感溢れるモデル。ハイスピード、ディープパウダーでもシッカリとした安定感で楽しむことできる。

YONEX GLIDE

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス5/10段階中
ラインナップ157,163

 

カービングもパウダーも大自然を思いのままに!!
「CENTROid」構造がもたらす軽快なスウィングウェイトが長さを感じさせない取り回しの良さを発揮。
サーフライクな浮遊感でディープパウダーからロングカービングまで思いのままに楽しめる。

DC SHOE【HR】

 

形状ハイブリッドキャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス4/10段階中
ラインナップ150,155

 

ニセコをベースに活動する「THE HOUSE OF POWDER」とのコラボレーションによって生まれたHR。
今までにない最高の浮遊感とコントロール性の実現のために、ワイドに設定したノーズとテール、そしてディレクショナルシェイプを採用。
反応の良いSキャンバーのプロファイルとの組み合わせにより、数多くのライダー達を魅了するモデルが完成した。
日本国内への入荷が少量で当店、メーカー在庫もすでに薄く、今年も早期完売が確実なDC SNOWBOARDです。
ご購入ご検討の方はお早めにどうぞ!

YES.【420】

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス5/10段階中
ラインナップ145,148,152

 

このモデルは劇的に短く設定したレングスが少ないスイングウエイトを実現。ボード全体の表面積を大きく設定することで浮力 と安定性を生み出しています。 タイトなラディアスはパウダーツリーランでの扱いやすさを向上。独自のロッカーラインはどんなスピードでもノーズを持ち上げ てくれます。 しばしばコピーされますが、同じものはどこにも作れません。 420は唯一無二です。

BATALEON【Surfer】

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス4/10段階中
ラインナップ154,159

 

大海原のように新雪が積もった時にはBataelonのSurferこそが最高のボードです。
とても巨大な3Dノーズとラインアップの中で最も斬新な3Dシェイプが採用さ れているこのボードは、意識しなくてもパウダーでボードが浮いてくれ、圧雪バーン でもしっかりとしたエッジグリップを提供してくれます。

CAPITA【THE NAVIGATOR】

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
ラインナップ147,151,155,158,161,164

 

昨年登場したパウダーライディングモデル。パウダーを楽しむ為にデザインされた最高のパウダーフリースタイルボード。147.151の2機種はレディース仕様、158.161.164の3機種はメンズ仕様になっているパウダーで浮力を持たせるためにノーズにリバースキャンバーを採用し、さらにテーパードシェイプがノーズを常に浮かび上がらせる。また、しっかり後ろ足を踏みつけ安定したライディングが出来る様に有効エッジはフラットになっている。

NIDECKER【MOSQUITO】

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
ラインナップ142,147,152

 

このボードは、優秀な開発者達で作られた、短いボードに乗る事を恐れないライダーのために作られています。小さなサイドカット半径と短いランニングエッジにより、強力なグリップが得られ、速く滑らかに乗る事が出来ます。

DEATH LABEL【BULLET×DEUS】

 

こんな外見ながらもパウダーの中では魚のような動きを見せつける。
形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス5/10段階中
ラインナップ150

 

ファットなノーズとウエストは大きな浮力を生み出し、計算されたノーズロッカーにより優れたスピード性能を与えてくれる。
また、ショートテールにより抵抗を減らしコントロール性能を高めている。
デウスコラボレーションモデルが登場!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です