18-19年モデル OGASAKA(オガサカ)の予約購入は?

OGASAKAといえば、国産ボードの代表的なメーカーの一つです。
国内で最大級のスノーボードメーカーと言っても過言ではありませんね。

カービングといえばOGASAKAの板と言っていいくらい浸透しています。
特にCTはカービングボードの入門板ということで人気が高いです。
上級者はFCシリーズでキレキレのカービングを楽しんでいるでしょう。

管理人も17-18年モデルの、ORCAを購入しました。
ORCAはCTのワイドボードのような板ということで、足が大きくてカービング好きな管理人にはピッタリの板です!

性能的には、すでに出来上がっている板ばかりですので、大きな変更点は少ないかと思います。
OGASAKAユーザーの方やカービング好きの方は18-19年モデルもチェックしてください!

ここでは、OGASAKAのフリースタイルボードを紹介しています。

FC-X

アルパインボード並みの安定感と、抜けの良い走りを強調した。FC-Xはライディング性能に特化して開発した。

形状はフリースタイルボードだが、その性能はアルパインボード並みに切れた走りを見せる。メタル板を2枚を心材に対してサンドイッチ状に積層した構造のため、ボードのフレックスは非常に硬く若干重い。
アウトラインは走り専用らしくハンマーヘッド形状を採用。走りを強調するためにテーパード(ノーズとテールの幅の差)を大きくとっている。
このテーパード形状はターンの始動が早く、ターンの終わりには抜けが早くなる効果がある。硬くて操作は難しいが安定感と抜けの良さが特長。しっかり乗り込むことができる人ならカービング性能と走りを楽しめる。

18-19FC-Xシリーズは154cmを廃盤、156cmを新登場させた。硬くて重いボードだが、156cmはフレックスを調整して他のサイズより扱いやすくした。
今まで躊躇していた人にもチャレンジしてもらいたい。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス8/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ156,158,162

 

 

FC-S

FC-Xの切れて走るイメージをそのままに、FC-Xより扱いやすいボードとしてFC- Stiffの開発が始まった。

ハンマーヘッド形状とテーパードの大きい形状はターン の始動が早く、ターン後半の抜けの良さが最大の特徴。 その性能を生かして、扱いやすいフレックスにするため、メタルサンドイッチではなくグラスカーボンのサンドイッチとした。

FC-Xのメタルサンドイッチ程の硬さはなく、走る感覚が強調されている。 やや硬さはあるが切れて走る。グリップ力のFCに対しての走りのFC-Stiffと言えるだろう。

発売した初年度より多くの方から性能評価をいただき人気商品となった。
18-19モデルは155cm、152cmとラインナップを追加してレディースエキスパートにも対応した。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス7/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ152,155,158,162

 

 

ORCA

幅広オールラウンドとして進化を続けているORCA。異次元とも言える太いシェイプと性能が評価され、ちょっと太めの普通のボードとしてすっかり定着した。

18-19シーズンはさらに進化させてロングノーズロングテールの新型にモデルチェンジを試みた。テーパード(ノーズとテールの差)を3mmから5mmに変更してターンの操作性をあげた。

もちろん足サイズの大きな方が対称だが、太いボード特有のもっさり感をなくして、機敏な操作性と走りを目指している。ボードを思いっきり立ててエッジに乗り込んでいっても、エッジが外れる事が なく深回りが可能となった。ノーズ/テールが短いハンマーヘッド系のボードと比べると自分からアクションを起こしてボードに伝えてゆく操作を求められるが、操っている実感が得られて楽しい。

ノーズが敏感すぎないので、コブ斜面滑走や、グラトリ操作も簡単に楽しめる。
FCシリーズともCTシリーズとも違う新しい乗り味を楽しんでいただきたい。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ160,163

 

 

FC-W

カービングをメインで楽しむカービング愛好者で、足のサイズの大きい人のためにラインナップしたモデル。

FCと同じコンセプトのもと、セミハンマー形状を採用してボードの幅を相当に太く設定した。操作性が高い為、思ったよりもたつき感が無くスムーズにボードが動いてくれる。

FCの特徴であるカービング安定感が高く、特にターン後半までエッジが雪面をとらえて離さない感覚は不思議に思える程だ。

ボードを立てて思い切りエッジに乗り込むことによって、さらに雪面に食い込む感じがたまらない。
発売初年度から順調に伸びて幅広ボードも存在感を確立した。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス7/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ157,160

 

 

FC

カービング愛好者の間ではハンマーヘッド形状のボードが絶大な人気だが、FC、FC-Limitedはノーズ/テールを若干長めに設定したセミハンマー形状を採用している。

ターンの切り替えには若干のタイムラグが生じるが、その分自由度が高まる。重心の入れ替えによるカービングターンからストローク運動を活用したカービングターンまで、さまざまな運動要素を自在に表現できる。

またグラトリ操作の時もノーズ/テールの粘りを利用したトリックを楽しめるし、ジャンプする時にもテールの反発力を使って高く飛び出すことが出来る。

ボード全体のフレックスは硬いが、有効エッジより接点が内側にあるため、操作性は高く動かしやすい。 さらに硬めのフレックスは高速カービングターンの時に安定感が生まれる。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス7/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ145,148,151,154,157,160,163

 

 

FC-L

カービング愛好者の間ではハンマーヘッド形状のボードが絶大な人気だが、FC、FC-Limitedはノーズ/テールを若干長めに設定したセミハンマー形状を採用している。

ターンの切り替えには若干のタイムラグが生じるが、その分自由度が高まる。重心の入れ替えによるカービングターンからストローク運動を活用したカービングターンまで、さまざまな運動要素を自在に表現できる。

またグラトリ操作の時もノーズ/テールの粘りを利用したトリックを楽しめるし、ジャンプする時にもテールの反発力を使って高く飛び出すことが出来る。

ボード全体のフレックスは硬いが、有効エッジより接点が内側にあるため、操作性は高く動かしやすい。 さらに硬めのフレックスは高速カービングターンの時に安定感が生まれる。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナル
フレックス7/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・レース
ラインナップ145,148,151,154,157,160,163

 

 

CT-S

CT-Stiffの開発コンセプトは、簡単に曲がらない硬いボード。

テクニックに磨きをかけ乗り込むほどボード本来の高性能が引き出される設計となっている。
簡単に動きすぎるボードに飽きた人には、ちょっと手強いが乗りごたえのある性能のボードになった。
ラウンドノーズラウンドテール、ディレクショナルシェイプ、ハードフレックスという設計のため、ライダー自らボードに力を伝えて操作をしなけらばボードは何もしてくれない。
しかしその操作にボードが反応した時には、今までにない安定感やボードの反発力、走りを味わえる。
18-19モデルは両足下の『PCプレートタイプS』から『新型プレートOG1』に変更した。
新型プレートは面積が大きくなって足元が強化されたが、プレートにスリットを多く入れ、振動特性にも考慮した。さらにサイドウォールを振動特性良い素材に変更した事により、結果的にエッジグリップが強くなった。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス7/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・ハーフパンツ・レース
ラインナップ154,156,158,161

 

 

CT

ラウンドノーズ、ラウンドテールのオーソドックスなフリースタイルボード。ディレクショナル形状のため、ライディングスタイルに向いている。
内部構造的には横方向の繊維を多用し横方向に強いハイトーションとした。

ボードが全体的に柔らかくとても扱いやすいが、トーションが強いためエッジグリップが強くズレにくい。 またボードに強い力を加えると、よくたわんで反発力が強く発生するため、軽い操作感も得られる。柔らかく反発力があるので、カービングだけでなくグラトリ操作における高さもスピンもやりやすい。軽快でリズミカルなフリーライディングを楽しめる。

18-19シーズンは高反発素材の高強度ポリエチレンの量をメンズサイズでは倍に増やして、レディースサイズにも初めて高反発素材、高強度ポリエチレンを装着して反発性能を高めた。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス5/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・グラトリ・レース
ラインナップ139,143,146,148,151F,150,152,154,156,158,161

 

 

CT-IZ

2019モデルからのニューラインナップ

スノーボードの楽しみ方は雪の上を滑るだけでなく、キッカーや地形を利用したジャンプやノーズを引っ掛けてボードを回すスピントリックなど、縦横と高さなど3Dに楽しむ事も遊び方の重要なテーマである。

たとえ5cmでも10cmでも地上から浮き上がる浮遊感を求めて、飛び出しやすさと強さを考慮して開発したのが新製品のCT-IZ。
ベースとなるボードはCTとして、補強反発素材に高強度ポリエチレンシートを装着して従来にない反発力を備えた。また高いジャンプからの着地や雪面グリップ力を強化する意味で『PCプレートタイプS』を『新型プレートOG1』に変更した。

新型プレートは足元の安定感が強くなりダイナミックなゲレンデカービング、ハーフパイプ、地形遊びなど、ワンランク上のスタイルを表現できる性能に仕上がった。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス6/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・グラトリ・キッカー
ラインナップ154,156,158,161

 

 

CT-L

ラウンドノーズ、ラウンドテールのオーソドックスなフリースタイルボード。ディレクショナル形状のため、ライディングスタイルに向いている。
内部構造的には横方向の繊維を多用し横方向に強いハイトーションとした。

ボードが全体的に柔らかくとても扱いやすいが、トーションが強いためエッジグリップが強くズレにくい。 またボードに強い力を加えると、よくたわんで反発力が強く発生するため、軽い操作感も得られる。柔らかく反発力があるので、カービングだけでなくグラトリ操作における高さもスピンもやりやすい。軽快でリズミカルなフリーライディングを楽しめる。

18-19シーズンは高反発素材の高強度ポリエチレンの量をメンズサイズでは倍に増やして、レディースサイズにも初めて高反発素材、高強度ポリエチレンを装着して反発性能を高めた。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス5/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・ハーフパイプ・レース
ラインナップ139,143,146,148,151F,150,152,154,156,158,161

 

 

CT-KD

スノーボーダーの第2世代が着実に増え、しかも相当上手になっている姿をよく見るようになった。

子供の成長は早い。しかし、確かな品質の高性能な用具を使わせてあげたい。

基本性能と品質はCTシリーズと同じだが、価格政策によって価格を低く抑えた。安心して楽しんで欲しい。

 

形状キャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス2/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・グラトリ・ジブ
ラインナップ132,136

 

 

CT-M

CT-Mはソフトなディレクショナルボードとしての位置付けだが、フレックスだけが違うわけではない。

フリーキャンバーという新しいアプローチにより、今までにない扱いやすい性能 が実現した。

フリーキャンバーはノーズテールの抑えが弱いため、ノーズテールの横方向への振り出しやすさを実現して、無理な上体のひねりを使わなくても簡単にボードの旋回が可能になった。

スピードを上げた時には足下のキャンバーがしっかり効いてくるためスピードを上げても安定感がある。扱いやすく安定しているためカービングマスターにはぴったりの一台になるだろう。

またノーズの抑えが弱いことでパウダーの中でもボ ードが浮きやすく、パウダー初心者がゲレンデ脇のパウダーから浅目のパウダーにそのまま入っていける。後足荷重にしなくてもノーズから浮き上がってくれる。

ゲレンデからパウダーまでオールマイティーに楽しめる不思議なボードに仕上った。

 

形状ハイブリッドキャンバー
シェイプディレクショナルツイン
フレックス4/10段階中
適正スタイルカービング・フリーラン・グラトリ・ジブ
ラインナップ143,146,148,152,154,156

 

 

AST

OGASAKAブランドから唯一スロープスタイルで使えるツインチップモデルがASTERIA。

カービング性能は必要以上に追求せず、高さを出すための反発力やノーズの引っ掛かりをしっかり使えるように、今回はキャンバー形状とした。軽量芯材を使い、補強反発材にはカーボンリボンを今までの倍の量を装着して軽快な反発力を実現した。

また、アウトラインのノーズ/テールはロングノーズロングテールとして、ノーズテールプレスした時にしっかり乗り込める余裕が生まれる。両足下のプレートは今までと同じ『PCプレートタイプR』とした。

大きなジャンプからにの着地も衝撃を和らげてくれるので安心だ。カービング以外でもぜひ楽しんで欲しい。

 

形状キャンバー
シェイプツインチップ
フレックス5/10段階中
適正スタイルグラトリ・ジブ・キッカー
ラインナップ142,145,149,152,154

 

 

SURFLINE

サーフスタイルという新しいライディングスタイルのためにフレックス調整したモデル。

カービングでもなくパウダーでもない世界にトライした。ゲレンデ端の壁や地形を波に見立てて、深いドライブの効いたボトムターンで駆け上がり、オフザリップやカービングエントリーなどのカービングで繋ぎ、まさにサーフィン感覚でライディングできる。

スピードを落とさずクイックリーにカービングターンで繋ぐ海と山の融合を目指した。もちろんパウダーライディングにも十分な浮力がノーズから発生して恐怖感なく楽しめる。

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
適正スタイルパウダー・フリーラン・カービング
ラインナップ148,156

 

 

FT Series

SR173
FT/SR173はオープンバーンで大きな浮力を得ながら高速カービングを楽しむためにラインナップした。
サイズが長く取り回しにくいため、脚力のある人に勧めたい。
急斜面のオープンバーンで最高の威力を発揮する。
先に滑った人のトラックラインもボードの硬さで踏み越えていけるから安心だ。
パウダーの中でカービングスタイルを楽しむには最高かもしれない。

CA163
FTシリーズでは唯一のキャンバー形状。ノーズロッカー形状のパウダーに比べると浮力は少ない。
キャンバーの反発力の威力で滑走性に特に優れ、パウダーの中でも圧雪ゲレンデでもカービング性能がパウダーボードとは思えないほど高い。
しかし一番の人気ポイントは滑走性だろう。パウダーの中での滑走性はもしもの時の安全性にも繋がるはずだ。根強い人気におされて先シーズンにも使用者が多いボードとなった。
エキスパートユーザーにオススメしたい。

SR163
程よい幅でパウダーからゲレンデまでオールラウンドに楽しめる性能に仕上がっているためか、発売以来一度もデザインと性能を変えていないが、毎年度人気商品をなっている。
ボードの幅は特に太すぎずパウダーボードの中で程よい浮力を得られ、横方向へも滑らかに動かしやすい。
オープンバーンからツリーランそして圧雪バーンでも自在に乗り込んでいける楽しい性能に仕上がっている。
パウダーボードの1本目に揃えるには最適ではないだろうか。

 

形状「CA 163 キャンバー」
「SR 163/SR 173 パウダーロッカー」
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
適正スタイルパウダー・カービング・フリーラン
ラインナップCA163,SR163,SR173

 

 

FT Series

SR156/PEACOCK
パウダーボードシリーズの中で一番太いシェイプのため、初速スピードがなくてもすぐに浮き始めてくれる。重心位置を前後にコントロールすることによりスピードコントロールが簡単にできるため、初心者でも簡単に急斜面に乗り込んでいける。
斜面やパウダーの厚みに影響されずに自在に楽しめ、幅広いレベルの人にオススメできる。ボード幅が太いため、ゲレンデでのカービングが難しく感じるかもしれないが、サイドカーブが深く、それほどボードを立てなくても気持ち良くカービングでき、太さも気にならないだろう。
1本でゲレンデ兼用タイプを求めている方に。

157
パウダーの中でのカービング性能とスライド性能は相反する要素だが、この157cmは、パウダーの中での動かしやすさとスライド性を重視した性能とした。
ボードの全体の幅とロッカー形状により浮力は十分確保されているが、カービング性能が高すぎると雪質によっては操作性が難しく感じる時がある。
スライド性能を強化することによって、雪質を選ばず、込み入ったツリーランにも安心して乗り込んでいける。
そのままゲレンデに戻っても通常のフリースタイルボードとしても楽しめるため、オールラウンドな1本といえるだろう。

156.5
ピンテールのボードはテール方向へボードを振り出しやすく、急な方向転換にもライダーの意思通りに動いてくれる。カービング性能を若干犠牲にしながらも、パウダーの中での動きの滑らかさを重視した。
サイドカーブも緩くノーズテールの抵抗が少ないため、深い雪や湿った雪でもスムーズに動かしやすい。ゲレンデでのカービング性能は少し劣るが、その分パウダーの中では動きが滑らか。木が密集したツリーランやパウダーの中でスピントリックも簡単に楽しめるので、チャレンジしてみてほしい。
パウダーライディングに特化したボード。

 

形状パウダーロッカー
シェイプディレクショナル
フレックス6/10段階中
適正スタイルパウダー・カービング・フリーラン
ラインナップSR147,SR156,156.5,157

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です