17-18年 BURTON Step Onの販売・予約はいつから? 取扱店は少ない?

BURTON Step On

16-17年シーズンに試乗会でも登場しているBURTONのStep Onですが、日本での販売情報がまだない状態です。

予約を受け付けているところもないようですし、12月に入るのにネットでの販売受付などが行われていませんので、正規ディーラーでしか扱えないのかもしれません。

BURTONのStep Onの特設ページでも正規ディーラーを紹介していますが、ネットでの販売はないようです。

シーズン途中に楽天などに出品しているショップから出品されることもあるかもしれませんが、11月20日現在では正規ディーラーのショップでの購入となりそうです。

正規ディーラーのショップでの購入となると、定価での購入になるでしょう。
正規ディーラーは、日本各地にありますが、近場にない人はしばらく購入を見送ることになるかもしれませんね。

ツイッターで、今年(2017-2018年シーズン)は予約生産のみとのことを教えていただきました!
しかも予約は2017年の2月で終了しているようです。
来シーズン移行にご期待ですね!
また、今シーズンの試乗会の情報をチェックしましょう!

>>Step Onが楽天で販売されているか確認するならこちらをクリック!

正規ディーラーを確認するならこちら

BURTON Step Onの開発秘話

Step Onは、秘密裏に開発を行われてきたようですし、かなりのテストもやってきたようです。
その動画が日本語字幕付きでありますので、興味がある方は見て下さい!

 

BURTON Step Onのセッティングから使用方法

BURTON Step Onのセッティングや使用方法などは、全て動画で公開されています。

購入時にも説明書がついてくるかと思いますが、わかりにくいところは動画で確認するとわかりやすいですね!

Step On バインディングをセッティングする

Step On™バインディングのセッティング方法は一般的なバインディングと同じで、全てのメジャーマウンティングシステムと互換性があります。

Step On ガスペダルを調節する

ブーツサイズが大きい場合はガスペダルを調節しましょう。ヒールカッップ側のタブを外しフットベッドを開き、ブーツサイズに合わせてガスペダルをスライドさせます。ガスペダルは4段階で調節できます。

Step On フォワードリーンを調節する

ハイバック内側にある2つのビスを回すことで、フォワードリーンの角度を調節することができます。

Step On バインディングを装着する

ブーツとバインディングの接続部分に付いた雪や氷を取り、リリースレバーが下がっていることを確認してください。バインディングの装着はヒール→トウの順番で行います。

Step On バインディングを外す

リリースレバーを上げてロックを解除し、ブーツをひねりながらトウをスライドさせバインディングを外します。

Step On カフクリップを使う

ヒールカップにパンツの裾が挟まってしまうことがあるので、そうならないようにパンツの裾をカフクリップに入れましょう。

Step On リーシュコードを使う

リリースレバーは意図せず上がってしまう可能性があるため、リーシュコードは必要です。

Step On クロージャーを使う

最も素早く細かなフィット調節を可能にするクロージャーシステム、Boa®。ダイヤルを引っ張るとロックが解除され、レースを締めるときはダイヤルを押してから右に回します。

Step Onの動画をまとめました

Step Onは日本でも16-17年シーズンに試乗会をやったようなので動画がいろいろアップされていますね。

BURTONライダーの動画もいろいろありますので、いくつか紹介します!

 

 

 

何と言っても、BURTONのプロライダーがジャンプして両足同時に装着するのがインパクトありますね!

Step Onがたくさん流通するようになれば、ゲレンデでジャンピング装着がそこらじゅうで見られるようになるでしょう(笑)。

管理人的に気がついたこと・まとめ

管理人は、販売したらすぐに購入しようかなぁと考えて購入店を探してみました。

しかし、11月20日現在では販売店を探すことはできたものの、通販での購入はできないようでしたので断念しています。

動画を何個も見てみたところ、個人的にはまだ待ったほうが良いかなぁという結論になりました。

理由としては、ブーツです。
ブーツの締め付けが基本的にはスネのダイヤルで全体を締め付けるようになっているようです。
アンクルストラップのような締め付けのダイヤルも付いていますが、アンクルの部分はストラップの役目だと思うので、ブーツの締め付けは別になるでしょう。

管理人は、甲はきっちり締めて、タン(スネ)は緩めにしたいので、BOAの1点締めは個人的には合わないかなぁと感じました。

結局は、試乗会などで試してみることが一番なのでしょうが、管理人が住んでいる地域ではBURTONの試乗会がないので機会がありません。

となると、動画や画像での判断になってしまいますので、もう少し待ってみようかなぁというのが現在の気持ちです。

17-18年モデルでは、BOAブーツが2種類しかないようなので、今後のラインアップにも期待したいですね。
Step Onのシステムは画期的なので、色んなメーカーが開発に乗り出すことでしょう。

FLUXもX5を吸収(統合?買収?)したので、ぜひStep Onと同じようなシステムを確立してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です