BURTONのSTEP ONが合わないであろう人…。

BURTON STEP ON

少しずつですが、日本人の方がブログでSTEP ONのことを書いてくれたり、YouTubeにも動画がアップされるようになってきました。

そんな中で、STEP ONが合わない人を考えてみました。

STEP ONのブーツは固め

STEP ONのブーツ自体は、そこそこ固めに作られているようなので、柔らかいブーツが好きだとい人にはあまり向かないでしょう。

予想ですが、ミドルフレックス以上になっているかと思います。
また、BOAシステムでブーツを締めるBOAは一つだけなので、タンをゆるめにしたいという人も向かないかと思います。

PHOTONだったら、アンクルストラップの役目があるBOAも付いているので、アンクル部分のBOAをキツめに締めてからタンの部分を緩めれば、2点BOAみたいな使い方もできるのではないかと思っています。

遊びが多い可能性がある

STEP ONは、今までのステップインとは違い、ストラップ式のような動きを再現しています。

その為、ブーツとバインディングを装着した状態でも少し遊びができています。
この遊びは、ストラップタイプの伸びみたいなものになっているのでしょう。

しかし、ガッチガチにストラップを締める人にとっては、遊びが多すぎてクイックな反応にならない可能性は十分考えられます。

下記の動画は、ボードにカメラを付けて、STEP ONの動きを見れるような動画になっています。
結構遊びがあるので、がっちり締め付けたい人には向かないかもしれません。

 

 

まとめ

極端な話をすると、テク選に出る人がSTEP ONで出るかというと間違いなく出ないでしょう。

しかし、パウダーボードに装着して滑っている人はいますし、BURTONライダーの人たちは、キッカーやジブもこなしているので、反応が悪いことはないですし、何でもできるものだとは思います。

しかし、間違いなく初心者や初級者向けのものではないと思います。

耐久性を出すためには、バインディングやブーツを固くする必要があるでしょうし、そうなると初心者の方には不向きですね。

今後、ラインナップがどのように増えていくのか、増やさないで改良を加えていくのかが注目ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です