グラトリ・ジブの基本!オーリーとノーリーをやる前にプレスから覚えよう!

スノーボード初心者が憧れる?グラトリやジブですが、テクニカル系で進んでいる人でも基本姿勢を確認するときに、オーリーをしたりしますよね。両足ジャンプでもいいですが、ボードの重心移動を覚えることにもなるので覚えておきましょう。ターンをできるようになったら、オーリーやノーリーの練習をしても良いと思います。

オーリーやノーリーをやる前にはプレスから

オーリーやノーリーは、ただ飛ぶだけと考えている人は覚えるのに苦戦すると思います。意外と重要なのが、重心を移動させるということです。オーリーをするなら、重心は後ろ足より後ろに重心を移動して板を弾く。ノーリーは前足より前に重心を移動して板を弾く。重心を移動してから板を弾くという動作になります。この重心移動を覚えるためにプレスの練習から入ると良いでしょう。

プレスのやり方とは?

プレスはただ重心を移動させるだけです。雪面では滑るので、まずは平らなところで練習することをおすすめします。プレスなら家でもできますので、板がしなる感じや重心移動を今すぐにでも体感できます。

平らなところや家などでプレスになれたなぁと思ってきたら、スキー場で滑りながらプレスをやってみましょう。斜度があるところは、カービングターンの練習などをやって、斜度が無いところではプレスの練習をやれば、すぐにオーリーやノーリーが出来るようになるでしょう。

プレスができればオーリーやノーリーができる

プレスができれば、板を弾くだけです。オーリーなら前足を上げて、板を弾いて下さい。プレスができていれば、大きくジャンプできなくてもオーリーにはなっています。練習して安定感を出しつつ、高さも出せるようになりたいですね!

まとめ

オーリーやノーリーは、スノボをやる人なら誰でもやらなければいけない技でしょう。グラトリやジブ系に入らなくても地形遊びで使うこともできますし、バックカントリーしかいかない人でも岩をかわす時に使えますよね。重心移動を覚えることで、リカバリーの能力も高くなりますし、テクニカル系の人でもカービングの重心移動にも役に立つと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です