ワンフットでスムーズに滑れない人。ワンフットを上手に滑るコツとは?

スノーボードをやる人の初めにつまづくところがワンフットでスムーズに滑るというところではないでしょうか。
スキー場によっては、板は手に持ったままリフトに乗ることができるので、ワンフットでリフトの乗り降りを省いている人もいますよね。

ワンフットで滑るのが苦手な人は、ワンフットで滑っている回数が少ないという人もいますが、管理人的には滑りもまだまだなのかなぁと思っています。
というのも、管理人が「カービングターンができてきたなぁ。」と感じた辺りから、ワンフットでターンをできるようになってきましたし、リフトを降りたときにも転ばなくなったと思います。

とりあえず、リフトの乗り降りくらいはスムーズにやりたいという人のために、ワンフットで滑るコツをお伝えできればなぁと思います。

ワンフットは上半身とヒザを使う

基本的に言われることが、先行動作をやりましょうということです。
左に曲がるなら、頭・肩・腰の順番にゆっくりと回していくことで、下半身も上半身に付いてきます。
と言っても、うまくいかないという人も多いかと思います。

先行動作をやれば回ると言われますが、そもそも基本姿勢がなっていなければスムーズに動かすことができないでしょう。
スノボーのす~さんのワンフットターンの動画を見て下さい。

 

滑り出した瞬間に、軽く重心を落として前の肩も下がっているのがわかります。
初心者やワンフットターンができない人の多くは、ヒザが硬いです。
というのも、管理人もワンフットでリフトを降りているときにフラフラしていた原因はヒザが硬かったからです。
ヒザを軽く曲げてクッション性を持たせることで、ちょっとした段差やくぼみなどは吸収してくれます。

特にリフトを降りたときの坂って、スキーの人のスキー板の跡が2本凹んでいて、バランスを崩したことがないですか?
管理人は何度もふらついて、ドキッとした経験があります。
そこでふらつく人はヒザのクッションを使い切れていません。

管理人もヒザを柔らかくすることを意識してリフトから降りるようになったら、ちょっとした凸凹くらいなら全然平気です。
今まで苦労していたことがウソみたいに、スーッと滑れます。

上記の動画を見て、基本姿勢とリラックスすること。
あとは、曲がりたい方向を向くだけです。
行きたい方向を見るということと、体を回す先行動作を忘れないようにしましょう。

リフトを降りるコツは中腰で滑る

リフトを降りるのが苦手という人は、無理にリフトを降りようとしていませんか?
高速クワッドリフトなどだと一度止まったりするので自分で立ってからスケーティングしなければいけませんが、一般的なリフトの場合には、リフトに自分の体を押してもらったほうが安定します

スノボーのす~さんの動画を見て下さい。
リフトを降りる前には、ボードをまっすぐして地面につきます。
その後、手でリフトを支えて中腰になってお尻を浮かせます。
そのままリフトに押してもらって、滑り出したら手を離して安定するまで中腰で滑りましょう。

中腰のまま滑るということは、ヒザも曲がったままですのでクッション性があり、ちょっとした凸凹があってもまっすぐ滑ってくれます。
「リフトを降りたら立たないと!」という気持ちがあるのはわかりますが、中腰のままで滑ったほうが安定しますので、リフトを降りるのが苦手な人は試してみて下さい。

後ろ足は板から半分出しておく

ワンフットで滑っているときには、上手い人でないと急に止まれないことが多いと思います。
ですので、ワンフットで滑っているときに、後ろ足はデッキパッドにおいてエッジを使えるようにしておくこともいいですが、後ろ足を半分~1/3くらい出して、足で雪面をこすってブレーキをかけるとスピードコントロールしやすいです。

デッキパッドやバインディングに足をかけて無理やりボードを横に向けて止まるのも良いのですが、このページを読んでいる人はその方法で止まれないと思います。
ですので、スピードを調整できるように後ろ足を半分くらいだして、雪面を直接踏んでブレーキを掛けましょう。
慣れるまでは、ブレーキが掛かりすぎてコケることもありますので、少しずつ踏むようにしましょう。

まとめ

言葉では伝わりにくいので、スノボーのす~さんの動画を何度も見て下さい。基本姿勢ができていればリフトを降りるくらいなら余裕で出来ちゃいます。

後は、滑り込んで滑りのレベルを上げることです。
管理人はカービングターンができてきた時にはワンフットにもなれてきたなぁという印象です。
エッジの使い方がわかるようになれば、ワンフットでも体重移動や前足でエッジを使って行きたい方向へ行けるようになります。
滑りが中途半端だとワンフットも中途半端なままです。

ワンフットだけでゲレンデを滑らなくても、普通に練習していればカービングターンをできるようになります。
管理人の経験上、カービングターンができる頃には、リフトくらいは簡単に降りれるようになっています!

ですので、「ワンフットを緩斜面で練習したほうが良いかな?」と考えなくても、リフトから転ばないでおりれればOK!。
そのうち滑れるようになりますよ!

と偉そうに言っている私ですが、まだまだ未熟者です(笑)。
一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です