オフトレはKINGSや室内ゲレンデだけじゃない! 自分の体をスノボ体型にするのもオフトレの重要なこと!

股割り、股関節のストレッチ

スノーボードのオフトレといえば、全国的にはKINGSやウォータージャンプなどのキッカーの練習やジブ系の練習がメインになるでしょう。

室内ゲレンデが近くにある人たちは、カムイみさかなどのハーフパイプなどになるかと思います。

もしろん、人工芝や人工雪で滑るのも良いですが、それらと同じくらい大切なのが体作りだと思っています。

スノーボードで一番使うところが下半身です。
その下半身の中でもいちばん重要なのが、股の柔軟性でしょう。

当然、全身が柔らかい人のほうがポテンシャルは高いでしょうし、体が柔らかいことは怪我防止にもなりますので良いことです。
体が硬い人でもスノーボードをうまくなりたいと考えているなら、股を中心に下半身の柔軟性を上げることがレベルアップにもつながるでしょう。

下半身や股の関節は、日頃の生活習慣によってかなりダメージを受けてしまいますし、固くなりがちです。

特に、デスクワークをしている人や椅子に座っている時に足を組む人はまたの柔軟をやらなければいけないでしょう。

下半身(股関節)の柔軟に最適な柔軟はなに?

足元の付け根である股関節の柔軟性を高めるために、一番良いと言われているのが股割りです。

相撲取りの方がやっている股割りをやることで、股関節の柔軟性を上げることができますし、カービングターンなどスノーボードで滑る時に必要な動きをしやすくなります。

股割りをやると言っても、1週間やそこらですぐに効果が出るものではありません。

1年中、毎日、股割りをやり続けることで柔軟性は上がってきますし、柔軟性が出てくればシーズン中の動きにも違いが出てきます。

ですので、スノーボードを上達したいと考えている人は、まずは簡単な股割りから始めるようにして下さい!

股割りは立った状態からシコを踏むような股割りでOKです。
はじめは誰でも硬いので、少しずつお相撲さんや体操選手みたいにべったり股を割れるようになると最高でしょう。
ただし、一人でやるのは限界がありますので、そこまで無理しなくても良いでしょう。

個人的にオススメの柔軟が、「真向法―3分間4つの体操で生涯健康」という本の柔軟方法です。

下半身と腰中心のストレッチになるのですが、たった4つの柔軟を毎日続けることで、体が柔らかくなりますし、スノーボードのときのポテンシャルは高くなるでしょう。
管理人は、2016年のシーズン前に購入してからコツコツやっていますが、1年経った今では、昨シーズンよりも滑りが良くなっている気がしています。

腰痛持ちの人にも効果があるというレビューもありますし、股関節にも効果が高い柔軟方法ですので、上達したい人は是非やってみて下さい!
何より、たった4つの柔軟で良いというのが最大のメリットでしょう。
5分~10分あれば、余裕でできるストレッチは面倒くさがり屋の人でも続けやすいです!

ストレッチが続かない人へのアドバイス

スノーボードを上達したいからストレッチを始めた!という人は少なくないと思いますが、1年中続けられている人は少ないでしょう。

ストレッチだけではなく、筋トレなど新しく始めたことを続けることはかなり難しいです。
原因は、ルーティーン化できるまで続けることができないからです。

例えば、毎日お風呂に入る人がお風呂に入れない日があれば嫌な気分になりますよね?
歯磨きも寝る前に磨かなかったり、ご飯を食べたあとに歯磨きしなかったら気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。

これは、子供の頃から毎日続けていてルーティーン化しているからです。

新しくストレッチや筋トレを始めたとしても、ルーティーン化するまでには、最低でも3週間はかかると言われています。

3週間毎日続けることができればルーティーン化できるので、1年中ストレッチをやり続けることができるでしょう。

じゃあ、どうやってルーティーン化するのかというと、毎日やっていることと一緒にやるということです。

例えば、今回紹介した、股割りをルーティーン化しようと考えた場合、オフロに入っている時にやればルーティーン化しやすくなります。
毎日オフロに入っている時に、股割りをやることで、「お風呂+股割り」ということで、気がついたら毎日お風呂に入っている時に股割りをやるようになっています。

これが筋トレとなるとお風呂でやるのは難しいですが、股割りやスクワット程度でしたらお風呂とセットでできるのでオススメです。

管理人もストレッチを毎日しようと考えた時、お風呂(シャワー)に入っている時にやるようにしました。
そうすることで、毎日欠かさずにストレッチをすることができるようになります。

始めの3週間程度は、意識しておかなければ忘れてしまいますが、一度、ルーティーン化してしまえば、嫌でもできるようになりますのでオススメです!

まとめ

たった状態の股割りは、ゲレンデの準備運動にも最適のストレッチです。

寒い時にやるスポーツなので、特に股関節の柔軟は入念にやっておきたいですが、面倒ですよね?
股割りだったら、1分くらいでも十分効果があると思いますので、できるだけやるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です