ノーズドロップの重要性って? ノーズドロップはターンの基本!

ノーズドロップの重要性

ノーズドロップは、できる人は多いかと思います
しかし、意外と奥が深い技術で、上級者の方になればノーズドロップは板1枚分くらいで回るそうです。

管理人もヒールサイド側は結構得意で、1枚~2枚以内には180度回っていますが、トゥサイド側はもう少し距離が伸びてしまいます。

ノーズドロップは、意外と軽視されがちというか、重要視されていないかと思います。
カービングターンをガッツリ極めたいという人たちや、バッジテスト、イントラ検定を受ける人達にとっては当たり前の技術です。

ノーズドロップは、ショートターンにも応用できる技術ですし、体重移動を覚えるためにも必要な技術です。

ノーズドロップのやり方は?

ノーズドロップのやり方は、基本姿勢から前足荷重するだけです。
体を捻ったり、後ろ足を蹴り出したりしてはいけません。
ただ、体重を前足に荷重するだけで、「ヒール ⇒ トゥ」「トゥ ⇒ ヒール」という動きになります。

ただ、前足荷重にして我慢するだけなのですが、意識してやってみると意外とできないものです。
カンが良い人は、何度がやるうちにすぐにできるようになるかと思いますので、気がついたらやってみて下さい!

  1. 基本姿勢
  2. 前足荷重
  3. ノーズが落ちていく
  4. テールが横を向く
  5. 止まる

下記の動画を見てもらえればわかりますが、基本姿勢から体重移動するだけで、後ろ足を蹴り出したり、体を捻ったりしてはいけません。

板1枚分で回れるように頑張ってみましょう!

 

ノーズドロップの連続がショートターンにもなりますので、ショートターンが苦手な人はノーズドロップから練習するのが上達への早道ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です