ブーツとバインディングの相性について。

ブーツやバインディングの相性って、考えたことありますか?
ブーツの硬さやバインの硬さを気にして選ぶ人はいるかと思いますが、相性までは決めていない人って多いかと思います。

管理人が感じたのが、ブーツのソールの硬さによってバインの感覚が全然変わります。

BURTONのブーツとバインの相性が良いですが、BURTONのブーツとUNIONのバインは相性が悪いと感じました。
BURTONのブーツでATLASやFORCEを使っても気持ちよく滑れませんし、めちゃくちゃ固く感じます。
UNIONは、DEELUXEだと相性が良く、硬さを感じることがなく、気持ちよく滑ることができました。

「なんでだろう?」と考えていた結果、これだろうという答えが見つかりました。

ブーツのソールとバインのフットベッドの硬さ

管理人は、3シーズンのブーツは、「BURTON → DEELUXE → BURTON」という風に使いました。
バインは、「UNION ATLAS FORCE」、「BURTON CARTEL MALAVITA」、「SP UNITE SLAB.ONE BROTHERHOOD」

BURTONのSWATHというブーツのソールは、DEELUXEのIDよりも硬めになっています。
IDは柔らかく、雪面を感じやすいソールになっています。

次にバインですが、UNIONのフットベッドは、ATLASもFORCEも硬めです。
SPもアルミの薄いベースになっているため硬めです。
しかし、BURTONは柔らかすぎなくて、弾力があるフットベッドになっています。

要するに、BURTONのブーツだとソールが硬めなのに、UNIONの硬めのフットベッドを使うと、硬く感じるということです。
UNIONとDEELUXEは共同開発しているようですし、UINONライダーの多くはDEELUXEを使用しています。
SPは、HEADと同じメーカー?のようなので、HEADのブーツが一番相性が良く作られているでしょう。
BURTONは、ブーツもバインも開発をしています。

私も、UNIONのALTASを購入したときはDEELUXEを履いていたので、めちゃくちゃ調子が良かったです。
しかし、翌シーズンはBURTONのブーツに変更したため、ALTASを使った感触がよくありませんでした。
その後、BURTONのバインを試してみると、調子がよく、気持ちよく滑ることができました。

DEELUXEでBURTONのバインを使ったことがないのでハッキリとは言えませんが、柔らかいソールと柔らかめのフットベッドなので、BURTONのブーツよりも多少なりとも反応が悪くなると考えても良いでしょう。

まとめ

ブーツとバインの相性って重要だなぁと感じてくれると嬉しいです。
「ブーツ変えたら、ちょっと調子悪いなぁ。」と思った方は、ブーツとバインの相性も見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です