新着記事はココをクリックしてください。

スキー板の選び方&スキー板のおすすめ10選!21-22年シーズン版(初心者) 

スキー板おすすめ今回はスキー板について解説させて頂きたいと思います。

スキー板と言っても種類が沢山あるのでスキーショップに行かれた際に
自分はどのスキーを選べば良いのか?迷われる方も多くいらっしゃると思います。
また、今シーズンスキーを購入希望でどのスキーにしようか迷われてる方!
この様な方々にご覧頂ければと思います!

スキー板の選び方

スキー板選びをされる時に重要になってくるのはスキー板の長さ、幅
この2つが重要になってきます。

長さ

長さに関してはメインサイズ(どこのゲレンデに行っても使いやすい長さ)があります。

女性の場合:155cm(+-3)
男性の場合:165cm(+-3)
子供:スキーの長さは顎下辺り(初心者の子だと長さが多少短くても良いと考えています。
常に顎下辺りの基準に合わせて買い替えの必要はないです。)
上記が基準となります。

メインサイズが存在する理由、イメージ頂きたいのがプルークボーゲン(八の字)
のポジションを作った時ですが大人と子供では足の長さが全く違うので
例えば子供の場合足の長さが短いのでプルークボーゲンをする時、
左右の足幅を大きく開きます。狭い状態ですとスキーの先端(トップ)が重なり前転して転けてしまうからです。なので初めての子供のスキー選びの場合は短いスキーを選んであげた
方が良いと思います。


大人になれば、足の長さがあるので多少左右の足幅が狭くてもスキーのトップが重なる事が無いのでスキーサイズの選びもメインサイズを基準に選択してもらって問題ないと思います。

幅・・・センター幅(スキー板の真ん中部分)


スキーの幅はどの様なスタイルでスキーを楽しみたいかで変わってきます。
大きく二つに分けるとこの様な形になります。


センター幅の狭いスキー

メリット:幅が狭い分、ターン時に板の角(エッジ)を立てるのが容易に出来ます。
なので、瞬時にエッジを立てる事で板のグリップ性もよく綺麗なパラレルターンを
描く事が出来ます。
デメリット:幅が狭い分、新雪(パウダー)で滑りたい!と言う方には不向きです。
スキー板が新雪で埋まってしまい、思うように滑る事は難しいです。


センター幅の広いスキー

メリット:スキーの幅が広いのでパウダーの中でも浮遊力が得られるので
浮き沈みを楽しみながらパウダーを楽しむ事が出来ます!
デメリット:幅が広い分、エッジを立てるのが少し難しくなります。
グリップ性も弱くなるのでパラレルターンをしたいと言う方には不向きです。

スキー板の種類

続いて、スキー板の種類ですが大きく分けて3種類あります。

レース&デモ

主に大会に出場する方向けのスキー板となります。
特徴としましては高速での安定性が高く、高いグリップ力を得る事が出来る。
反面、重量があり板自体がスキーの技術力を求めて来るのでスキーを扱う技術が無いと
板の性能をしっかり発揮出来ず、扱いにくいと感じてしまう場合がある。
大会の種目によって板の長さを変えて、種目ごとに合わせた長さを選びます!

大回りの種目

レースに出るなら180〜190cm前後の板を使用します!
※レースの大会の場合、長さの規定がある場合が御座います。
デモに出るなら175〜185cm前後の板を使用します!

小回りの種目

レースに出るなら155〜165cm前後の板を使用します!
※レースの大会の場合、長さの規定がある場合が御座います。
デモも同様で155〜165cm前後の板を使用します!

男性の場合181cm or 186cmがオススメ
女性の場合176cm or 181cmがオススメ
男性の場合183cm or 189cm
女性の場合183cm

 

男性の場合180cm or 185cm
女性の場合175cm or180cm

 

ゲレンデ用

一般向けのスキーとなります
軽量、安定感がバランスよく取れておりゲレンデスキーを楽しみたい方にオススメ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です