バラクラバを買うならモンベル一択! 薄いのに暖かくて値段も安い!

モンベル バラクラバ

バラクラバを探していると、よく目にするメーカーが、「DAKINE・SMITH・THE NORTH FACE・eb’s・BURTON」などなど、スノーボードでも有名なメーカーさんばかりが出てきますよね?

バラクラバを見てみたい方はこちらをクリック!

有名所なのは良いのですが、意外と値段が高いです。
型落ちのものを探せば、3000円位でも購入できるのですが、高ければ7000円以上したりするバラクラバもあります。

個人的に、バラクラバを使用する理由は、寒いからということ。
管理人は、口周りが寒くなくなりさえすればOKという考え方で、逆に裏起毛などのバラクラバを使用すると、暑かったり濡れた時に気持ち悪くなるのであまり好きではありません。

そこでオススメしたいのが、モンベルです。

モンベルはアウトドア系のメーカーさんで、薄手なのに暖かい!という商品を沢山販売してくれています。

インナーや薄手のダウンも販売しているので、ウェアの中に着るのに最適です。

モンベルのバラクラバの中で、評判が良いのが2点です。

  • ジオライン 約1,600円
  • スーパーメリノウール 約3,200円

簡単に説明すると、ジオラインは超薄手で、スーパーメリノウールは極寒でもいけちゃうよって素材になっています。

ハイシーズン中には、スーパーメリノウールで少し気温が高めの時にはジオラインを使用すると良いでしょう。

管理人は、-5度くらいの雪が降っている時にジオライン(薄手のタイプ)を使用しましたが、めちゃくちゃ寒いというわけではありませんでしたし、十分防寒にはなっていました。
また、ゴンドラに乗っていれば、バラクラバに付いた雪が溶けて乾燥していましたので、速乾性も高くて良いですね!

スーパーメリノウールは、まだ使用していませんが、被った感覚や記事を比べてみた感覚では、もっと寒い場所でも暖かいと感じるような素材でした。

 この記事に書かれている内容は…

モンベルの良いところ

モンベルの良いところは、薄くて暖かいというのはもちろんですが、静電気が出ない素材を使っているのもポイントです。

速乾性を持たせるために、ナイロン素材を使用しているバラクラバもありますが、息苦しかったり、静電気が発生しやすかったりするので個人的には好きではありません。
髪の毛がペタッとなっちゃうので…。

また、モンベルのバラクラバは、鼻にプラスチックみたいな少し固めの素材が入っているので、鼻息が上に上がりにくくなっています。
バインを付けている時に下を向いていると、ゴーグル内に少しだけ息が入ってきて曇ったりすることもあるのですが、滑っている時には息が入ってきてゴーグルが曇ることはありませんでした。

ちょっとした工夫で、ゴーグルの曇りなども予防してくれているのでオススメです。

まとめ

管理人は、5種類くらいのバラクラバを購入してきましたが、最後に購入したモンベルが一番良いと感じています。

もっと性能が良いものや暖かいものはあるかと思いますが、約1500円~3000円くらいのバラクラバでこれだけ高性能なものはないです。
1万円近く出してもいいと思っている人は、購入バラクラバを購入するのも良いのでしょうが、できるだけお金を抑えたいという人にはモンベルのバラクラバはオススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です