DICEのゴーグル BANKが画期的なシステム! ハイクアップやバックカントリーに良さそう!

DICEとは、山本光学株式会社という日本の会社が手がけるゴーグルです。
山本光学株式会社さんは、スキー用品で有名なSWANSのメーカーの会社です。
DICEは、スノーボーダー向けのゴーグルやヘルメットなどを作っているメーカーです。

DICEのゴーグルは、HIGHROLLERというビッグフレームのゴーグルが出てから人気が少しずつ出てきたようです。
今年からだったと思いますが、「BANK」というモデルが発売されています。

このBANKのシステムが素晴らしいので紹介したいと思いました。

ゴーグルのレンズが飛び出して換気する

https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/dice/products/spare-lens/bank.html

呼吸するゴーグルというキャッチコピーで売り出されているBANKですが、上記の画像を見てもらえれば分かる通り、ゴーグルとフレームに隙間ができています。
ゴーグルに隙間を作ることで、熱がこもるような状況でも熱をカンタンに逃がすことができるでしょう。

例えば、ハーフパイプやジブでハイクアップしている人は多いでしょう。
ハイクするときにはゴーグルを外したり、熱を逃したりしないとゴーグルが曇ってしまいませんか?
DICEのBANKのシステムだったら、ワンタッチで熱を逃がすことができるので、汗をかくようなハイクをするときでもゴーグルを外さなくても良くなります。

また、バックカントリーでハイクアップするときに、「ハイクするときはサングラス」、「滑るときはゴーグル」と使い分けなければいけない状況があるでしょう。
BANKだと、レンズをワンタッチで上げてしまえば、サングラスと同じ状態になるので、サングラスがいらなくなります。

管理人的に、このシステムがかなり画期的だったので購入を決断しました!

BANKの登場は、今までのスノーボーディングシーンの常識を劇的に変えてしまいます。
ビックフレームならではの広い視界に加えて、ワンタッチでゴーグルを換気する「A-BLOW SYSTEM」という革新的なテクノロジーを備えています。換気することでレンズのくもりを極限まで抑えることができ、快適な視界を長時間提供します。例えばゲレンデにいるあなたは、リフト待ちでゴーグルの換気をすることが習慣になり、短時間のハイクアップならお持ちのサングラスの出番はなくなるでしょう。

DICEがショップに売ってない。ゴーグルを合わせるにはどうする?

管理人がDICEを購入しようと思ったのですが、ムラサキスポーツやタケダスポーツなど大型スポーツ店に見に行ってもDICEは置いていませんでした。
ゴーグルのフィット感は重要ですし、鼻の下に隙間ができてしまっては最悪です。

そこで管理人が考えたのが、「SWANSのゴーグルを試す!」ということです。
SWANSにも、DICEのBANKと同じシステムのゴーグルがあります。
管理人が見たスポーツ店では置いていませんでしたが、DICEのゴーグルと同じように作られているのでフィット感を試すにはSWANSが最適でしょう。

そもそも、DICEは日本の企業なので日本人向けに作られているゴーグルになっています。
ですので、ジャパンフィットという説明はないようです。
管理人もSWANSを試してみましたが、今までのゴーグルの中で一番フィット感は良かったと感じました。

管理人は、ジャパンフィットのゴーグルを使っても、頬骨があたって鼻の下に隙間ができるというゴーグルが多かったです。
SWANSのゴーグルは、それが全く無かったのでフィット感は最高です。

「DICEってダサくね?」と思う方も多いかと思いますが、レンズの性能も高いですので、ゴーグルを変えようと思っている方はDICEを見てみてください!

BANKとして売られているものでも、値段に差があります。
レンズが違うものが付けられていたりするので、レンズ選びも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です